HOME 募集
 
「地域おこし協力隊」を募集します(観光立市推進課)


旅するムスリムにやさしいまちづくり
栃木県佐野市「地域おこし協力隊」募集【1名】

本市は、平成27年度から東南アジア等のイスラム圏から訪日するムスリム旅行客に対するおもてなしを強化し、インバウンドを推進しています。主にクリケットが盛んなパキスタンやスリランカ、成長著しいインドネシアやマレーシア等からの訪日旅行客をターゲットに据え誘客を図ってきました。

具体的には、本市と目的を共にする「両毛ムスリムインバウンド推進協議会」が主体となり、ムスリムに対応した食事いわゆるハラールやお祈り場所等を提供できる態勢づくりをはじめ、ムスリム旅行客受入のための環境整備を進めています。

ムスリムインバウンドを始めて約4年が経過し、本市を訪れるムスリム圏からのインバウンドツアーや教育旅行の受入数が増加してきました。また、2020年には「東京オリンピック・パラリンピック」の開催に伴い、訪日外国人旅行客数が4千万人に上ると国が予想するなか、更なる誘客に拍車をかけたいところです。

こうした状況のもと、ムスリムフレンドリーなまちづくりを通じて更に多くのムスリムのお客様に佐野市を訪れていただき、地域の活性化に取り組む地域おこし協力隊員を募集します。


雇用関係の有無 なし
業務概要 両毛ムスリムインバウンド推進協議会と連携しながら、ムスリムに対応した受入態勢の整備とプロモーションを通じて、ムスリムの誘客促進を図っていただくお仕事です。
協力隊員ご自身が策定する計画に基づいて次のような業務に従事していただきます。


(1) 情報発信
(2) ムスリム圏からの誘客
(3) 会員拡大
(4) 市民の意識啓発等
募集対象
(1) 平成31年4月1日現在で年齢20歳以上45歳未満の方で性別及び国籍は問いません。(大学生の場合卒業見込みであること)
(2) 現在3大都市圏内にお住まいで、佐野市に住所を変更できる方
(3大都市圏在住とは※1内であって、条件不利地域※2以外にお住まいの方)
※1:埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県の区域
※2:過疎地域自立促進特別措置法、山村振興法、離島振興半島振興法、奄美群島振興開発特別措置法、小笠原諸島振興開発特別措置法及び沖縄振興特別措置法に定める区域方
(3) 普通自動車免許を受けている方
(4) パソコン(ワード・エクセル等)、SNS(フェイスブック等)の一般的な操作ができる方
(5) ムスリムインバウンドに興味・関心のある方
(6) 語学が堪能な方
※英語、マレー語、インドネシア語、ウルドゥー語等の言語が堪能な方歓迎
(7) 地域協力活動に深い理解と熱意を有し、かつ、積極的に活動することができる方
募集人数 1名
勤務地 佐野市内
雇用形態・期間
(1) 佐野市地域おこし協力隊員として市長が委嘱します。
(2) 平成31年4月1日から平成32年3月31日
※協議のうえ最長3年まで年度ごとの更新をすることができます。
給与・賃金等 月額166,000円(各種保険等は自己負担となります。)
活動費 地域協力活動に必要と認められる経費(住居費、車両借上料、旅費及び消耗品費等)は協議の上、予算の範囲内で支給します。
※応募、転居等に伴う経費は、応募者の負担となります。
※健康保険・国民年金等は自己負担となります。
申込受付期間 平成31年2月25日(月)から平成31年3月15日(金)必着
選考の流れ
(1) 第1次選考(書類)
佐野市地域おこし協力隊員応募申込書[PDF286KB]
申込受付期間中に、持参または郵送により提出してください。提出いただいた書類は、返却いたしません。
送付先:〒327-8501栃木県佐野市高砂町1番地
佐野市役所観光スポーツ部観光立市推進課
  ※書類選考のうえ、応募者全員に結果を連絡します。
(2) 第2次選考(面接)
第1次選考合格者を対象に第2次選考を行います。
日程は、3月下旬を予定。
(都合のつかない場合は、ご相談に応じます)
詳細は、第1次選考結果通知の際にお知らせします。
(3) 最終選考の結果通知
最終結果については、全員に連絡します。選考内容については、お答えできません。

※選考内容については、お答えできません。
備考
日常生活における交通手段として、鉄道及び路線バスも運行しておりますが、自家用車がないと不便を感じるかもしれません。自家用車等の持ち込みをお勧めします。

 
お問い合わせ   観光立市推進課 電話0283(27)3011
 
このページのトップへ
戻る