HOME お知らせ
 
浸水した家屋の清掃について
令和元年10月26日(土)15時00分更新


感染症予防のためには、清掃乾燥が重要です。
床下に土砂や水分が残っている場合、カビの発生原因になりますので、土砂と泥を十分に取り除いてください。また、その湿気により家の基礎や土台(床組)などに影響が出る場合がありますので、しっかりと乾燥を行う必要があります。なお、厚生労働省では、床下や庭などの消毒は原則不要とされています。


清掃の時の注意事項
  (1)傷口からの感染
【予防策】
長袖などの肌の見えない服装を着用
清掃中のケガ予防や感染予防として丈夫な手袋や底の厚い靴などを着用
【ケガをした場合】
傷口を流水で洗浄し、消毒しましょう。特に深い傷や汚れた傷は破傷風になる場合があるため、最寄りの医療機関に相談をしましょう。

(2)土ほこりへの対応
土ほこりが目に入って結膜炎になったり、口から入ってのどや肺に炎症を起こすこともありますので、目や口を保護することが重要です。
【予防策】
ゴーグル、マスクを着用
作業後には手洗い
【目に異物が入った場合】
目を洗浄しても、充血が起きている場合などは医師に相談をしましょう。
 
   
   
お問い合わせ   環境政策課 電話0283(20)3013
 
このページのトップへ
戻る