HOME お知らせ
 
後期高齢者医療制度のお知らせ



〜75歳(一定の障がいがある方は65歳)以上の方〜


被保険者証を発送します
  現在使用している後期高齢者医療被保険者証は7月31日が有効期限です。7月下旬に新しい被保険者証を発送しますので、8月1日からは新しい被保険者証を使用してください。
   
減額認定証の更新と限度額認定証について
  世帯の全員が住民税非課税の場合は、診療を受ける際に「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関に提示することで、医療費の支払いが一定額にとどまり、入院時の食事代も減額になります。

過去に限度額適用・標準負担額減額認定証の交付を受けたことがあり、令和元年度非課税世帯の方については、被保険者証に同封してお送りします。

また、所得区分が現役並みⅠまたは現役並みⅡに該当する方は、「限度額適用認定証」を医療機関に提示することで、医療費の支払いが一定額にとどまります。

該当する方は、いきいき高齢課または、田沼・葛生の各行政センターで申請してください。
※国民健康保険で該当になっていた方でも、新たに手続きが必要となります
   
保険料の通知書を発送します
  令和元年度の保険料通知書を発送します。お手元に届きましたら内容をご確認ください。

納付書払または口座振替払(普通徴収)の方には7月12日の発送、年金天引き(特別徴収)の方には8月1日の発送になります。

納付書払の方は納期内納付を、口座振替の方は口座残高の確認をお願いします。
   
令和元年度後期高齢者医療保険料の決まり方
  年保険料額(賦課限度額62万円)
 =均等割額(43,200円)+所得割額(※賦課のもととなる所得金額×8.54%)

※賦課のもととなる所得金額:総所得金額等から基礎控除額33万円を差し引いた額

【均等割額の軽減】
同一世帯内の被保険者及び世帯主の総所得金額等の合計額が基準額を超えない場合、均等割額が軽減されます。
【被用者保険の被扶養者だった方の軽減】
制度加入時から2年間、均等割額が5割軽減されます(所得割額はかかりません)。なお、【均等割額の軽減】の8.5割、8割軽減に該当する場合はそちらが優先されます。
   
健康診査、歯科健康診査について
  対象の方には、5月末に受診券を郵送しています。年に1回、無料で受診できますのでこの機会にぜひご利用ください。
   
   
   
   
   
お問い合わせ   ・後期高齢者医療制度の資格・給付・保険料計算・健康診査について
 いきいき高齢課長寿医療係 電話0283(20)3021

・後期高齢者医療保険料の口座振替・納付について
 介護保険課保険料係 電話0283(20)3022
 
このページのトップへ
戻る