HOME お知らせ
 
秋の火災予防運動実施について


11月9日(金)〜11月15日(木)まで全国一斉に秋の火災予防運動が行われます。

この運動は、一人ひとりが火災予防の意識を高めることにより、火災の発生を防止し、火災から尊い生命と財産を守ることを目的としています。秋から冬にかけて暖房器具など火気を取扱う機会が増え、また空気が乾燥して一年を通して最も火災が起こりやすい時期となります。

最近、電気器具や配線が原因とみられる火災が多く発生しています。定期的なプラグの清掃や、プラグがしっかり差し込んであるか確認をお願いします。

いま一度、電気製品の点検を!!



  以下の原因で火災が多く発生!

(1)プラグがしっかりささっていない
(2)プラグの隙間にホコリがたまっている
(3)タコ足配線でたくさんの電気を使用
(4)電気機器からの異音や異臭など


住宅用火災警報器について

全ての住宅に、住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。まだ取り付けがお済みでないご家庭については、寝室を中心に住宅用火災警報器の早期取り付けをお願いします。また、すでに取り付けがお済みのご家庭は、「いざ」というときのために、日頃からお手入れや作動点検を行いましょう。

※住宅用火災警報器は、10年を目安に交換をおすすめします。

平成30年度全国統一防火標語
  
      『忘れてない?サイフにスマホに火の確認』



住宅用火災警報器の設置が義務付けられている部分とは、全ての寝室と、寝室が2階にある場合には階段の踊り場、4畳半以上の部屋が5つ以上ある階の廊下です。



 
お問い合わせ   消防本部予防課 電話0283-23-9910
 
このページのトップへ
戻る