HOME お知らせ
 
『大雨警報・洪水警報の危険度分布』の運用が開始されました。


気象庁より、雨による災害発生の危険度の高まりを「見える化」した防災気象情報、大雨警報・洪水警報の危険度分布(実況と予測)の運用が開始されました。

6〜10月は集中豪雨や台風などで川が増水しやすく、土砂災害の発生危険が高まる時期です。雨による災害は気象情報などから予測できますので、早めの情報の入手を心がけましょう。

【運用開始】
7月4日(火)13時00から

【問い合わせ】
佐野市危機管理課 電話 0283-20-3056
宇都宮地方気象台 電話 028-635-7260

【チラシデータ】




 
お問い合わせ   危機管理課 電話0283(20)3056
 
このページのトップへ
戻る