HOME お知らせ
 
運転免許更新時の高齢者講習が変わります


高齢ドライバーの認知機能低下を原因とする交通事故を防止するため、3月12日から講習制度が変わります。

75歳以上のドライバーが、
認知機能検査の結果、認知症のおそれがあると判定された場合は、専門医の診断を受け、診断書を提出することが必要です。
認知機能が低下したときに起こりやすい交通違反をした場合は、臨時認知機能検査を受検することになります。
この臨時認知機能検査の結果、認知機能の低下が認められる場合は、臨時に高齢者講習を受講することとなります。

また、医師から認知症と診断された場合や、検査・講習を理由なく受けなかった場合は、運転免許取消しの対象となります。


詳しくは、以下のチラシをご覧ください。
 
お問い合わせ   栃木県運転免許センター(栃木県警察本部運転免許管理課) 
電話0289(76)0110
 
このページのトップへ
戻る