HOME お知らせ
 
細菌による食中毒に注意しましょう


夏場は細菌による食中毒が発生しやすい時期です。

食中毒菌が食べ物に付かないように、必ず手を洗いましょう。特に、生の食肉や内臓には食中毒菌が付着していることがあるので、注意が必要です。

・食肉を取るときは専用のトングや箸を使う
・食肉は十分に火を通して食べる
・調理の前後や食肉に触った後はよく手を洗う
・食肉に触れた調理器具はよく洗い、熱湯消毒する
・調理後の食品は早く食べる
 
お問い合わせ   安足健康福祉センター 電話0284(41)5897
 
このページのトップへ
戻る