HOME 佐野市の紹介 佐野の方言
 
佐野の方言


方言の地勢マップ隣接する他の地域に影響され、複雑な方言や別の異なった方言が発生することはよくあるそうで、佐野市の方言はこれに当たると考えられています。

佐野市の北東部にある宇都宮市・那須地域などは東北的方言と言われていますが、南西部特に足利市方言は西関東方言に属しています。栃木県の方言は、大きく分けると上記2系統に分けることができますが、佐野方言は両者に属することなく、孤立した特殊な様相を持っています。これは両地方の方言の影響によるものと考えられます。


では、佐野市の方言の特徴とはどんなところにあるのでしょうか。
【アクセント】

佐野市のアクセントは、型が決まっていないことから「曖昧アクセント」と呼ばれています。普通、同音異義語を区別するときは、音の高さなどによって判断するものですが、佐野にはその型がありません。したがって、例えば「雨」と「飴」とをアクセントによって区別することは非常に困難と言えます。

【音韻】

栃木県全体的に言えることかもしれませんが、音韻上特にまぎらわしいのが「イ」と「エ」です。「イ」と言うべきところを「エ」と発音し、「エ」と言うべきところを「イ」と発音することが多々あります。したがって、「イ」と「エ」が混同して区別ができず、時には誤解を招くことさえあります。

具体的まぎらわしい音韻をあげてみましょう。

・アイはエーになりやすい(例:見ない→ミネー)
・オイはエーになりやすい(例:黒い→クレー)
・イエはエーになりやすい(例:見える→メール)
・ビはミになりやすい(例:淋しい→サミシー)
・ダ行はザ行になりやすい(例:撫でる→ナゼル)
・カはガになりやすい(例:蟹→ガニ)

【語彙・音調】

「〜しましょう」とか「〜でしょう」に相当する方言に「ベー」があります。この「べー」は普通推量(例:雨が降るベー=雨が降るだろう)、話し手の意思・勧誘(例:行くベー=行こう)の意を表します。そして、これは老若男女問わず使われる傾向があります。

また、話の始めや、話を接続させる言葉に「あの」「それで」「それから」「だから」などという接続詞がありますが、佐野では、これらの言葉は尻上り調に発音される傾向があります。

下表は、佐野市で現在もよく使われている方言です。リンク付きの語句は、「広報さの」で好評連載中の「佐野弁バンザイ」の記事にリンクしています。

佐野弁 標準語
あせもん
あせ
ご飯のおかず
あらいまて 食器洗いのこと
いっちかる 乗る・腰掛ける・座る
いっちける 棚や机の上に物を置く・載せる
行ってんベー 行ってみましょう
うざっぽい 不快感をともなう濡れた状態
うずぶれる 寒さで縮こまり震えること
うすらっぺ
うそらっぺ
嘘言
うっちゃる 捨てる
うでる ゆでる
うなう 耕す
うらちょっぺ 木や草の先の部分
えーら 普通の程度を超えてはなはだしい
えしごと
えーしごと
お互いに助け合いながらする仕事
えどころね 仮寝すること
おーぞ 物が量的にきわめて多い
オガミムシ
オガミドーロー
カマキリのこと
オシエゴト 無理をしてでも仕事にけりをつけること
オショーデン セキレイのこと
おぞい 頭がよい(子どもに対するほめ言葉)
おっころがる 転倒する
おっちゃぶす 押しつぶす
おっつぁれる 叱られる、脅される
おっぱなす 押し放す、放す
おともり 子守り
おなんご お手玉のこと
おばんし 台所仕事、勝手仕事のこと
おらがち
おらんち
おれがち
おれんち
私の家
おれがん 私のもの
がしょーき・がしょーぎ がむしゃら・乱暴・手荒
かたっぺら 一片、片側
かためる (戸や障子を)閉める
ガチャガチャ
ガラガラ
さいかち
がなる 怒鳴る
かなんぼ 氷柱(つらら)のこと
カニャカニャ
カニャカニャゼミ
蜩(ひぐらし)
かぴたりもち 水難事故が起こらないよう水の神に供える餅
カラスポッグリ
カラスチンゴ
カラスノキンタマ
烏瓜(からすうり)
カンカンドリ 水鶏(くいな)
かんます
かんまわす
かきまわす
ぎご 頑固
キシャゴ おはじき
くさる ぬれる
くっぱらう 残らずに食べてしまうこと
くらーね 心配ない、大丈夫だ、気にしなくていい
くんな ください
〜げ 〜に
(例)鳥げ餌をやる
けじろう 毛嫌いするさま
ゴクヤスミ 食後の休み
こごむ 屈む
こじはん 食間に食べる軽食のこと、おやつ
これけ これですか
これんべー 少しばかり
こわい 疲れた、硬い
ジージーゼミ 油蝉(あぶらぜみ)
じぐるー 痛みにのたうちまわるさま
してんごてん(四天五天) 優劣つけがたいこと、五分五分
しのや 物置
じゃんぼん 葬式
じゃんぼんばな 彼岸花
すいはく 漏斗(じょうご)のこと
せっちょする 世話をする・面倒をみる
いじりまわす
せで・せーはしご 背負子(しょいこ)のこと
せーふろ 風呂
そーけ そうですか
そそらっけ 落ち着きのないさま
だいじ 大丈夫、問題ない
たっぺ 霜柱のこと
たてる (雨戸などを)閉める
たなぎ 天井裏
〜だんべー 〜だろう、〜でしょう
ちゃぶれる 潰れる
ちょーがに・ちょーがんに 十分に、ろくに、よく
チョーチンバナ
トッカンバナ
蛍袋(ほたるぶくろ)のこと
ちょちょべ
ちょちょま
ちょちょべっこ
蝶々
ちょちょらっけ 口先ばかりで誠意がまったくみられないさま
つっぺる 滑って落ちる、滑って転ぶ
でかす 作る、こしらえる
でれすけ 遅鈍者、馬鹿
どかす 片付ける
どしょづく あきらめて心を入れ替える
どずける 物が支(つか)える、言葉につまる
とっこばっこ 蟻地獄のこと
ドドメ 桑の実のこと
トトメ(トトノメ)
ソートメムシ
水澄ましのこと
トヤ 鶏(鳥)小屋
とやはる
とやぶちする
わなを仕掛ける
トロッピョーシ 「いつも」「常に」の意
泣きそっぺ 今にも泣き出しそうな様子
なんこんぼ ひきがえる
ねぼすけ いつも寝坊する人
〜の 〜を
(例)本の読む
パー メンコ
ばえんこ
ばえんこばえんこ
同じ動作が繰り返して行われること
はじっこ
はっとばす 叩く、殴る
はばっき 得意な気持ちになること
はばにする 自慢する
はま 車輪のこと
ひっくるけしたっくるけし 同じ動作を繰り返すさま
ひっくるける 倒れる、引き返す
人っけすみ 人見知りすること、またはその子ども
ふきっつぁらし 何もさえぎるものがなく風が通り抜けること
またはその場所
ふっこし 風花のこと
ふったかる 燃えつく
ふんずぶる 踏み潰す
ぶんのめす 叩く、殴る
〜べー 〜ばかり
(例)嘘べー言う
ほきる 小さな草木が伸びて大きくなること
ホッコドリ 梟(ふくろう)
ぼっこれる 壊れる
ぼっとすると もしかすると
まつだんご
まつっこごり
まつっぽぐり
まつぼっこ
松ぼっくり
まんから
みしみる しっかりする
(例)みしみてやれ=しっかりやれ
みそっこけ 朝起きて顔を洗わない人
みそっちょ みそさざいのこと
みっかせんで しょっちゅう
みみきりかぜ 真冬の、肌身に染み通るほど冷たい風のこと
むぐる もぐる
むてっこぎ・むてっこじ がむしゃらに行動すること
モンツキバカツカシ ジョウビタキのこと
やなさって 3日後
やぶ 行く、来る
ヤマドンブ・ヤマドンボ 鬼やんまのこと
よっぱら 十分、たくさん
よばれる ご馳走になる

※この内容は、「佐野市史(民俗編)」を参考に作成しました。
 
お問い合わせ   広報広聴推進室 電話0283-20-3037
koho@city.sano.lg.jp


戻る このページのトップへ