HOME ニュース一覧
 

佐野市民病院の民設民営化についての説明会



市では、昨年、佐野市民病院の経営形態について、現在の指定管理期間が満了する平成30年3月末以後「民設民営」の方向性を決定し、この方向性について政策審議会で審議していただきました。

政策審議会では市の方向性について「おおむね理解する」という答申をいただき、周知を図るよう意見をいただきました。これを受け、市民病院管理課では、1月に市内4地区で説明会を開催しました。

説明会では、佐野市民病院の現状説明や民設民営の方針を決定した経緯、今後のスケジュールについて説明し、「指定管理期間満了後も市民病院を存続させること」、「経営形態を民設民営とすることで、より効率的な運営が行え、持続可能な病院を目指していくこと」をお伝えしました。

参加した方からは、病院の存続を要望される声や、さらなるサービスの向上を求める声、旧棟の早期建替えを希望される声、民営化に対する不安、慎重な対応を望む声など多数の意見をいただきました。市ではこうした意見を真摯に受け止め、医療サービスの低下を招かぬよう努めていきます。

今後もこのことについての進捗状況を随時お知らせし、佐野市民病院が皆さんの安全安心を守り、信頼される医療機関となるよう努力していきます。(市民病院管理課)
市民病院の説明会
 
過去のニュースを読む
 
お問い合わせ   広報広聴推進室 電話0283-20-3037
koho@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る