HOME ニュース一覧
 
「あきやま有機農村未来塾」による酒米の収穫【9月13日】


9月13日、秋山地区で「あきやま有機農村未来塾」による酒米の収穫が行われました。

佐野市の最北部に位置し、中山間地域である秋山地区では、地域の活性化を図ろうと、地元住民が主体となり今年4月にあきやま有機農村未来塾を立ち上がりました。
同塾では、現在、「茶摘み」「地酒つくり」「山ブドウによるワインつくり」の3つを事業として取り組んでいます。

酒米つくりは「地酒つくりの事業」として行われ、この日は、地元住民だけでなく、市内・県外(遠くは東京都)から約80人が参加。今年5月に植えた酒米を鎌を使って刈り取りました。
地元の方々も男性は「稲刈り」、女性は「昼食つくり」にと参加し、秋山地区をあげての収穫祭となりました。

無農薬で育てた酒米は天候不順やカメムシ被害のため、残念ながら想定以下の収穫量だったそうですが、今後、大切に育てたこの米を用いて地酒つくりに入っていくそうです。

鎌を使った作業に、大人たちは体が悲鳴を上げていたようですが、収穫後の昼食会では、参加者が自身で握ったおにぎりを美味しそうに食べていました。
酒米の収穫【9月13日】
画像をクリックすると拡大します
酒米の収穫【9月13日】
酒米の収穫【9月13日】
酒米の収穫【9月13日】
酒米の収穫【9月13日】
酒米の収穫【9月13日】
 
過去のニュースを読む
 
お問い合わせ   政策調整課広報広聴係 電話0283-20-3037
koho@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る