HOME ニュース一覧
 

三好地区で防災訓練が開催されました【6月21日】



6月21日、三好地区で、土砂災害を想定した防災訓練が行われました。

訓練は「集中豪雨によりがけ崩れが発生した」という想定で行われ、防災行政無線を通して地区の約800世帯に「避難勧告」が発令されると、避難所に指定された三好生活改善センターに、徒歩や車で約110人の住民が避難しました。

避難後にはAED(自動体外式除細動器)や消火器の体験実習を実施。消防署職員や女性消防団員の指示を受けながら、真剣に取り組んでいました。

訓練に参加した向田守男さん(三好地区町会長協議会会長)は「三好地区は土砂災害警戒区域を多く抱えており、昨年も土砂被害がありました。こうした訓練を行うことで、万一の際にどう避難するのか確認できて、大変良かったです」と、話していました。

近年、局地的な豪雨が発生するなど、被害が報告されています。皆さんも、家庭での備蓄や避難所の確認など、事前の備えをお願いします。
三好地区で防災訓練
画像をクリックすると拡大します
三好地区で防災訓練
三好地区で防災訓練
三好地区で防災訓練
 
過去のニュースを読む
 
お問い合わせ   政策調整課広報広聴係 電話0283-20-3037
koho@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る