HOME ニュース一覧
 
飛駒小児童の字が橋名板に【2月23日】


飛駒小児童4人の文字が、2月23日に開通した蛍橋とこれから開通する磨墨橋の橋名板(橋の名前を表示するもの)に採用されました。

これは栃木県が県道桐生田沼線で、児童の安全確保のために進めている蛍橋、磨墨橋(飛駒町内)の側道橋の新設に伴うもので、それぞれの橋に児童たちが書いた橋名板が設置されます。

蛍橋の側道橋の橋名板は、5年生の佐久間夢未さんと石本結香さん、磨墨橋の側道橋の橋名板は、6年生の吉川日和さんと中山晴香さんが書いたものです。

クラス全員で書いた中から選ばれた4人は、完成した橋名板をみながら「後々まで残るものに採用され、嬉しい」と話していました。

二つの橋を通る際は、ぜひ橋名板をご覧ください。
飛駒小児童の字が橋名板に
画像をクリックすると拡大します
飛駒小児童の字が橋名板に2
飛駒小児童の字が橋名板に3
飛駒小児童の字が橋名板に4
飛駒小児童の字が橋名板に5
 
過去のニュースを読む
 
  政策調整課広報広聴係 電話0283-20-3037
koho@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る