HOME ニュース一覧
 
文化財防火査察および防火演習【1月20日】


1月20日、中町の万福寺で文化財防火査察および防火演習が実施されました。

査察では、佐野市消防本部と(財)関東電気保安協会の協力のもと、佐野市文化財保護審議会委員が立会い、本堂および周辺の電気設備や消火器などの確認が行われました。

その後に行われた防火演習では、同寺の境内から出火を想定して行われ、本堂と市天然記念物「コノテガシワ」に放水が行われました。

本光寺での査察・演習終了後は、戸室町の千手院の防火査察を行いました。


昭和24年1月26日、法隆寺金堂壁画を火災で焼損したことをきっかけに、「文化財防火デー」が制定されました。佐野市でも、火災発生が多い1月下旬に文化財の防火査察・防火演習を行っています。

文化財は、長い歴史の中で生まれ、育まれ、今日まで守り伝えられてきた貴重な国民の財産です。火災から貴重な文化財を守り、後世に伝えていきましょう。
文化財防火査察および防火演習
画像をクリックすると拡大します
文化財防火査察および防火演習2
文化財防火査察および防火演習3
文化財防火査察および防火演習4
文化財防火査察および防火演習5
文化財防火査察および防火演習6
 
過去のニュースを読む
 
  政策調整課広報広聴係 電話0283-20-3037
koho@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る