HOME くらしの情報 まちづくり
 
まちづくり


まちづくり

佐野駅前交流プラザ「ぱるぽーと」(別窓)

まちなかの市有地の有効活用
  • 佐野市が、平成31年1月に「さのまちづくり株式会社」へ貸付けする足利銀行高砂出張所跡地では、次のとおり新たな建物の建設が始まります。これらは、「さのまちづくり株式会社」が、まちなか活性化の観点から、オフィスビルを建設し入居者を募集する、市有地を有効活用する事業です。

    【所在】佐野市高砂町2806番地(旧高砂出張所跡地)

    【事業主体】
    さのまちづくり株式会社

    【土地利用】
    オフィスビルの建設

    【工事期間】
    平成31年1月から平成31年7月まで(予定)

    ※なお、足利銀行佐野支店跡地(佐野市本町地内)の土地利用についても、まちなか活性化につながる有効活用を図ってまいりますので、決まり次第お知らせいたします。

  • さのまちづくり株式会社ホームページ(別窓)

まちなか地域おこし協力隊員
  • 中心市街地の人口減少や高齢化等が進行し、地域コミュニティの弱体化や地域力の低下が進んでおります。そのため、三大都市圏等から人材を誘致し、中心市街地のにぎわい創出活動に従事してもらい、定住促進や地域力の維持・強化を図っております。

  • 地域おこし協力隊Facebook(別窓)
  • さのまちなかグルメHP(別窓)

まちなか活性化支援事業
  • 市では、中心市街地及び田沼・葛生地区の市街地区域において「空き店舗を活用して新たに店舗を開業しようとする個人または事業者」に対して補助金を交付します。

  • 空き店舗活用にぎわい創出事業

まちなか再発見マップ

景観まちづくり

  • 一定規模以上の建築物を建築する場合などは、建物の形態・意匠、色彩等について景観形成基準に適合するよう届出をしていただくことになります。

    届出にあたっては、届出書、景観形成基準チェックリスト、添付図書を正副2部提出してください。

  • 届出書、チェックリストの様式はこちら(書類ダウンロードのページ)


市街化調整区域における開発規制の緩和
  • 市街化調整区域は、原則として開発行為(建築物等を建てるために行う宅地の造成)を規制している地域となっており、これまでは分家住宅や農家住宅などの一部の開発行為以外は認められていませんでした。そこで、本市では市街化調整区域における開発行為の許可基準に関する条例を制定し、既存集落内やその周辺で、特定の人に限らず、住宅等の建築が可能となりましたので、その内容をお知らせします。
  • 市街化調整区域における開発規制の緩和パンフレット[PDF499KB]PDFファイル


関連リンク
ADOBE リーダー このページはPDF形式のファイルで提供しています。この形式のファイルを閲覧・印刷できるソフトウェアがない場合は、アドビシステムズ社が無償配布している「Adobe Reader」をダウンロードしてインストールしてください。PDFは新しいウィンドウで開きます。
Adobe Readerのダウンロードサイトへ

 



戻る このページのトップへ