HOME くらしの情報 健康・医療・助成
HOME くらしの情報 子育て
 
ロタウイルスワクチン接種費用の一部を助成します


ロタウイルスワクチン接種費用の一部助成をおこなっております。市内の協力医療機関で接種を受けることができますので、ご確認ください。

里帰り等により市外の医療機関で接種を希望される方は、事前に医療機関に依頼書を発行しますのでご連絡ください。依頼書を発行せずに、接種をした場合は、自己負担となります。

【ロタウイルスワクチンについて】
ロタウイルスワクチンは、現在2つの製品があり、接種回数等が異なります。どちらか一方のワクチンを決めていただき、規定の回数の接種を完了していただく必要がありますので、ご注意ください。
なお、どちらのワクチンも生後1回目の接種は生後14週6日までに受けることが推奨されています。

●ロタリックス(1価)
(1)対象年齢
 生後6週0日から24週0日
 ※生後14週までに始めてください。
(2)接種方法
 4週以上の間隔で2回接種
(3)助成金額
 7,500円/回

●ロタテック(5価)
(1)対象年齢
 生後6週0日から32週0日
 ※生後14週までに始めてください。
(2)接種方法
 4週以上の間隔で3回接種
(3)助成金額
 5,000円/回

【実施場所】
佐野市の予防接種協力医療機関で接種します。
※やむを得ない事情により他市で受ける際は事前に健康増進課にご連絡ください。

【持参する物】
母子健康手帳、体温計予診票(予診票を持っていない場合は協力医療機関または健康増進課にあります)

【病気について】
ロタウイルスによる下痢症は、急激な嘔吐と白色水様便を頻回に排泄し、発熱が3割から5割程度にみられます。ロタウイルス感染症により世界では、5歳未満の小児が約50万人死亡しているとされ、その80%以上が発展途上国で発生しています。

日本でのロタウイルス胃腸炎の発症は冬〜春に多く、主に生後3〜24か月の乳幼児に起こりますが、ピークは生後3〜15か月です。生後3か月までは、母親からもらった免疫によって感染しても症状が出ないか、症状があっても軽く済みますが、生後3か月以降に初めて感染すると重症化しやすくなります。実際に、ロタウイルス胃腸炎は、小児急性重症胃腸炎の原因の第一位で、受診した人の10人に1人が入院するという報告もあります。

【厚生労働省感染性胃腸炎(特にロタウイルス)について】
 
お問い合わせ   健康増進課(24)5770
 
このページのトップへ
戻る