HOME くらしの情報 健康・医療・助成
HOME くらしの情報 子育て
 
子宮頸がん予防ワクチン(HPV)


【子宮頸がん予防ワクチンの接種について
平成25年6月14日に厚生労働省から通知があり、子宮頸がん予防ワクチンの接種については、積極的な勧奨を差し控えることになりました。子宮頸がん予防ワクチンについては、その有効性と接種による副作用のリスクを十分に理解した上で受けるようにしてください。

【子宮頸がんとは】
子宮頸がんは「ヒトパピローマウイルス」の感染が原因の一つです。罹患者は30歳代が多く、国内で年間約8,000人が発症し、2,500人が死亡しているといわれています。子宮頸がん予防ワクチンは、10代での接種が最も予防効果が高いとされています。子宮がん検診(20歳から)との併用で、子宮頸がんの発症を予防できます。

【対象者】
佐野市内在住の小学6年生から高校1年生に相当する年齢の女性
接種をご希望の方は、健康増進課までお問い合わせください。

【実施場所】
佐野市の予防接種協力医療機関で接種します。
やむを得ない事情により他市で受ける際は事前に健康増進課にご連絡ください。

【接種ワクチン】
子宮頸がん予防ワクチンには、サーバリックス(2価:HPV16型、18型/グラクソ・スミスクライン社)とガーダシル(4価:HPV6型、11型、16型、18型/MSD社)の2種類のワクチンがあります。どちらか1つをお選びください。接種途中でワクチンを変更することはできません。

【接種回数】
3回
子宮頸がん予防ワクチンの十分な効果を得るために、3回の接種が必要です。途中で中断すると十分な予防効果は得られません。
子宮頸がん予防ワクチン接種回数の図

【受診方法】
(1)医療機関へ電話で予約してください。
(2)当日は必ず保護者が同伴してください。
(3)体調が優れない時は接種日を延期しましょう。
(4)予診票、接種済証、健康保険証、母子健康手帳を持参してください。
 (予診票と接種済証をお持ちでない方は、受ける前に健康増進課にご連絡ください)
(5)疑問や不安があるときは、接種医師に相談してください。

【子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症予防接種)接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関と相談窓口について】

厚生労働省ホームページ(別窓)
栃木県ホームページ(別窓)

 
お問い合わせ   健康増進課 電話0283-24-5770
shokensenta@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る