HOME くらしの情報 年金・保険
HOME くらしの情報 福祉
HOME くらしの情報(出来事) 介護が必要なとき
 
認知症サポーターについて


認知症サポーターとは何か特別なことをする人ではありません。

認知症について正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守る応援者のことです。自分のできる範囲で活動します。友人や家族に学んだ知識を伝えること、認知症の人や家族の気持ちを理解しようと努めることもサポーターの活動です。

認知症サポーター養成講座
  認知症について学んでみませんか?認知症サポーターになりませんか?
【講座開催の流れ】
(1) 講座受講の申込
  希望の日時と時間、人数、開催場所をいきいき高齢課にお伝えください
 
(2) いきいき高齢課が講師や日程等の調整をします。講師は希望のあった団体に出向き、出前講座の形で行います。
時間 通常60〜90分
講師 キャラバン・メイト(専門研修を受講した方が講師を務めます)
費用 無料(テキストや受講した証のオレンジリングは、市で用意します)
対象 市民なら誰でも可。地域の団体(学校、金融機関、企業、老人クラブ等)

講座受講申し込みは、講座開催の約1〜2カ月前までにいきいき高齢課か地域包括支援センターまでご連絡ください。
申し込みは下記申込書のFAXでも受けつけています。念のためFAX送付した際はいきいき高齢課までご連絡ください。
認知症サポーター養成講座の個人の受講申し込みも受け付けています。いきいき高齢課までご連絡ください。人数が集まり次第、適時ご案内いたします。
   

キャラバン・メイトの皆さまはこちらをご活用ください。

認知症サポーター養成講座計画書を講座開催の1カ月前までに提出してください。
認知症サポーター養成講座報告書を講座実施後1カ月前までに提出してください。
   
  認知症サポーターのステッカー
市では、認知症サポーター養成講座を受講した団体(企業・学校・老人クラブ・サロン等)に対して
「認知症サポーターがいます」というステッカーをお渡ししています。
 
お問い合わせ   いきいき高齢課 
電話:0283-20-3021
FAX:0283-21-3254
ikiikikourei@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る